negakanakirara’s diary

軽やかにポジティブに生きやすく!を探求するブログ。

悪口ばかり言う人の深層心理

昔勤めていた職場にほぼ悪口しか言わない人がいた。

なんだろう、良いことをも悪口に変換する

ある意味天才な子だった。。

 

当時の私は、その人から耳にする悪口に共感したり

時にはその人の悪口を言わないまでも

言われている人を斜めから見てしまったこともあった。

 

でもある時、自分の中でモヤモヤしたり

決して良い気分ではないことに気付き、

私はその人から距離を置くようになった。

 

そしたら今度は私の悪口を皆に広め

あることないことを散々ばらまきだした。

 

孤独になった時期もあったけど

分かってくれる人や見てくれている人がいたから救われた。

 

その人もピタリと当てはまっていたが

悪口を言う人ってこういう特徴の人が多い気がする。

 

・情報通→当時は皆その人の事を『女版ミヤネ屋』と呼んでいた

・秘密が大好き→これ絶対に内緒だよって言葉が大好き

・口癖→「ここだけの話し」から始まり「悪い人ではないんだけどね」で終わる

・共感させる→そうすることによって「〇〇さんも言ってたよ」という話し方をする

・社交的→初対面でも自ら明るく声を掛け一人でも多く友達を獲得したがる

 

当人は、私って良い人・私って友達多い、私って人脈広いと思っている。

そう思っているから悪口を言うことは

悪いことと思っていないからやめられないしやめない。

 

承認欲求が強かったり防衛機制が働くことによって

悪口が加速する人もいるから要注意。

 

もしそのような人に遭遇してしまったら

聞き流す、相手にしない、逃げる

そんな行動を取ると良い。

 

悪口ばかり言う人にはいずれ自分にもかえってきて

言われる立場になる。

 

良いことも悪いことも自分にかえってくるなら

良い言葉や行動を積極的に使いたい。